たまべら!~たまにはベラ以外も釣りたい~

一匹いっぴきを釣る楽しみを噛みしめ、今日も瀬戸内釣行

ハーモニクスコローナ105とDR-Z2020でサーフのショアジギング / 青物回遊はまだかなぁ

f:id:berao-setouchi-fishing:20210515104009j:plain

 

 

まだ青物の回遊待ち回。

 

 

ベイトっ気はあるんだけれど、ハマチは来てくれないなー。

 

 

そろそろキス釣りか、友人(つりとくるま)と話していたがシーバス釣りを本腰入れてみてもいいなぁと。

 

 

シーバスは良いけれど、キス釣りをベイトタックルでどうチャレンジするか、ちょっと悩ましいところである。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210515104014j:plain

 

 

今回のサーフキャスティングの相棒

ロッド ツララ ハーモニクス コローナ105 MSC-HX

リール ダイワ DR-Z2020XHL

 

 

低弾性の癖が強いコローナ105ですが、徐々に扱い方を掴んできました。

 

 

ベイトタックルはロッドとリールの組み合わせでその使用感が全然違ってくるので、相性の良さや新たな発見を見つけるのも楽しい。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210515104019j:plain

 

 

朝6時前。クリアウォーターでド干潮から上げていくタイミング。

 

 

眼前をイワシのような小さな魚がウネウネ泳いでいるので、チャンスタイムありあり!? と気持ちが高まります。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210515104023j:plain

 

 

DE-Z2020のブレーキ設定はロングキャスティングモード。空気抵抗の少ないルアーなら、スーーーっと気持ちよくカッ飛んでいきます。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210515104028j:plain

 

 

大好きなシンペン、モンスターショットを投げて、まずはサーチ。

 

 

巻取長100㎝の超ハイスピードギアのDR-Z2020で表層をシャカシャカとリーリングすると、ベイトがパシャパシャ跳ねて逃げていきます。

 

 

でもノーバイト。

 

 

ほかにもメタルマルやパワーブレードなど、いろいろ投げてみました。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210515104030j:plain

 

 

ルアーをチェンジして、今まであまり使ってこなかったポッパー、名作のフィードポッパーを使ってみます。空気抵抗が大きいので、この時はMAXブレーキモードでキャスティング。ダイヤル一つでどんなルアーにも対応できる汎用性の高さが素晴らしい。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210515104034j:plain

 

 

パシャンパシャンとスプラッシュして、表層を泳ぐベイトに紛れてアクションさせますが、フィッシュイーターが追ってくる姿は見えず。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210515104039j:plain

 

 

最後は遠投練習で締めくくり。60gのルアーを使って、計測器で飛距離をみてみます。

 

 

重たいルアーをキャスティングするときは、遠心力を最大限活かして振りかぶれるキャスティングフォームに変えて投げ込みます。

 

 

投げ釣りで構えるように、ルアーを後ろに待機させるフォームで、自分の身体を中心にルアーが弧を描くように大きく振り抜く。

 

 

マグブレーキを2まで落としてもノーサミングで飛行していくルアー。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210515104043j:plain

 

 

77メートル。頑張っても80mってところ。コローナ105は低弾性のロッドなので反発力が低く、まぁまぁよく健闘したほうでしょうか。

 

 

しばらく天候不順が続きそうなので、釣行お預けの日が続きそうです。