たまべら!~たまにはベラ以外も釣りたい~

一匹いっぴきを釣る楽しみを噛みしめ、今日も瀬戸内釣行

ワールドシャウラとカルカッタコンクエストでロックフィッシュゲーム

f:id:berao-setouchi-fishing:20210509112721j:plain

 

 

ベタ凪の海。ひさびさに夕方から早朝にかけてのじっくり釣行。

 

 

満潮が夕マズメと朝マズメに丁度いいタイミングで重なりました。

 

 

さまざまな仕掛けやタックルを車に積んだけれど、結局活躍したのはこういうやつなんだよなー、という回。

 

 

ライトゲームでは届かないミドルレンジが狙い目となりました。

 

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210509112728j:plain

 

 

今回は4本のロッドを持ってそれぞれ試してみましたが、魚を一番多く釣ったのは、

ロッド シマノ ワールドシャウラ1602SS

リール シマノ カルカッタコンクエストDC101HG

 

 

33mm径スプールの汎用性の高さと、6フィートロッドのルアー操作のしやすさが光る結果となりました。シャウラSSのスローテーパーな調子も、思った通り俺好みでした。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210509112734j:plain

 

 

まずは手始めにハードルアーで広く魚を探ってみましたが、アタリすら無し。

 

 

続いてベイトフィネスタックルで2gから5gのルアーを使うも、同じくアタリ無し。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210509112739j:plain

 

 

再度シャウラ&カルコンに戻し、20gのラバージグ&ワームにチェンジ。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210509112744j:plain

 

 

使ったワームは、7年も前にセールで買った多分ガルプ(バークレイ製であることは確か)の汁系カーリーテールワーム。

 

 

強烈な匂いプンプン3種類のスペシャルブレンドエキスに7年も漬け込んだままだったワームをラバージグのオフセットフックにセットし、第一投。

 

 

ライトゲームでは届かないミドルレンジに着水後、着底待ち中にいきなりヒット。

 

 

7年ぶりに使ったワームが魚を呼んでくれた。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210509112752j:plain

 

 

かなり良型のカサゴ! シャウラのロッド全体で浮き上がらせるパワーを堪能。

 

 

この一匹で勢いつくかなぁと思いきや、その後が続かず2時間経過。

 

 

キャスティングし続け、日が完全に落ちた頃。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210509112756j:plain

 

 

月とともに現れ始めるカサゴちゃん。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210509112813j:plain

 

 

日が出ているうちは激渋だったのに、暗くなるとポコポコ釣れ始めます。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210509112819j:plain

 

 

こちらはブラー10gに虫エサをセットしたところヒット。

 

 

ヒットした位置はそれぞれ違うけれど、だいたい同じ距離のところでアタリがあるかな。

 

 

どうやら足場から30mほどのところに根掛かりしやすいストラクチャーがあり、そこがカサゴマンションになっている様子。ショックリーダーが徐々にザラザラしてきた。

 

 

ポイントさえ分かれば、あとはネチネチとランガンしながら探りを入れる。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210509112822j:plain

 

 

足元では海毛虫が遊泳したり、ウミヘビが遊泳したり、エイが遊泳したり。けっこう色々な生き物がいる!

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210509112826j:plain

 

 

小さなメバル・小カサゴはリリースで。針の返しは潰してあるので、フックから外すのもスムーズ。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210509112836j:plain

 

 

ワクワクが止まらない一夜。

f:id:berao-setouchi-fishing:20210509112841j:plain

 

 

ゆっくりと、少しずつ、持ち帰りサイズを確保していきます。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210509112846j:plain

 

 

このアングル、惚れ惚れする。やべー。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210509112904j:plain

 

 

フィッシュマンのビームスクローラ9.2L+に持ち替えたときには地合いが終了。

 

 

虫エサとガルプ汁ワームの釣果が半々ずつ。さすがガルプ汁としか言いようのない好成績でした。