たまべら!~たまにはベラ以外も釣りたい~

一匹いっぴきを釣る楽しみを噛みしめ、今日も瀬戸内釣行

水族館なのに原生林!? 高知県土佐清水市・リニューアルオープンした足摺海洋館は大人も無邪気にハシャいじゃうぞ! ※ただし出発時間に要注意

今回は、リニューアルしたての水族館が高知県土佐清水市にあるということでやってきました。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201109232751j:plain

 

高知県立足摺海洋館SATOUMI

 

ニュースでこの水族館の来場者数がどうのこうのと取りあげられているのを見まして、気になったのでその場の勢いで突撃訪問してきました。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201109232802j:plain

 

真っ白な外壁が美しい建物です。

建物の奥には太平洋・竜串海岸が望めます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201109232814j:plain

 

1階エントランスです。広々と開放感があります。

正面の階段を上がれば展望デッキに行くことができ、海岸を一望することができます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201109232821j:plain

 

出来たばかりの施設ですから中はピッカピカです。

 

 

では、入場料の支払いを済ませて、ドキドキのゲートインです!!

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110194712j:plain

 

ってぇぇぇぇぇぇぇ!!??

 

密林!!??

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110194724j:plain

 

めっちゃ木とか立ってるんですけど(;^ω^)

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110194737j:plain

 

いやぁ・・・枝にヘビの脱皮した皮とかかかってるし(笑)

 

海洋館ってなってたけど、意外でした。

海の生物だけじゃないんですね。

 

こちら、足摺の原生林というテーマになっており、

足摺半島の豊かな森が雨水を貯め、川を作り、海へつながる、というストーリーを海洋館全体で表現しています。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110194746j:plain

 

原生林エリアにはヘビのほかに、カエルがいたり、

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110194751j:plain

 

滝つぼに川魚がいました。

やっとお魚を発見!!

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110194759j:plain

 

プロジェクションマッピングによる光の演出もあり、

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110194804j:plain

 

雨の演出が良かったです。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110194815j:plain

 

原生林を抜けると、次は里山ゾーンです。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110194829j:plain

 

田園風景や河口を再現してあります。

人工的な水環境が育む生き物たちを紹介してます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110194844j:plain

 

人の気配に敏感なお魚たちみたいなので、ちょっとずつ、驚かさないように慎重に近づきます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110194852j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110194904j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110194909j:plain

 

何て魚なのか分かりませんでしたが、日本の川にいるのかなぁ?という魚たち。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110194928j:plain

 

おっ!

これはもしかしてーー!

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110194934j:plain

 

カワウソきたーー!!

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110194938j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110194942j:plain

 

ひと時も休むことなく2匹のカワウソがじゃれ合い続けているので、綺麗な写真は撮れませんでした(笑)

 

とっても仲の良しさんのこちらの2匹、

リクくんとカイくんというオスのユーラシアカワウソという種類のようです。

ニホンカワウソに近い種類だとか。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110194948j:plain

 

 

そして、足摺の海のゾーンへと続きます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110204634j:plain

 

すぐ現れたのはウミガメさん。

足摺の海岸には、ウミガメが毎年産卵にやってくる砂浜があるとのことです。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110195030j:plain

 

優雅にふわふわと泳いでいました。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110195046j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110195053j:plain

 

足摺の竜串湾にはさまざまなサンゴがあり、

豊かな生態系を作り出しています。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110195108j:plain

 

竜串湾のごつごつとした奇岩を模したタッチングプールもあります。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110195129j:plain

 

残念ながらコロナウイルスの影響でタッチングプールはできませんでしたが、

海の生き物たちを間近で眺めることができます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110195134j:plain

 

ナマコがのそのそ動いています。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110195201j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110195211j:plain

 

小さな魚たちがワラワラと集まっています。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110195216j:plain

 

飼育員さんのエサやりがあった直後で、たくさんの魚が表層に集まっていました。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110195224j:plain

 

個別の展示エリアでは大きなタコやセミエビが展示されています。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110195234j:plain

 

超マッスルなガタイの良いセミエビでした。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110195245j:plain

 

こちらはイワシ水槽。

なんと1万匹のイワシが泳いでいます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110195252j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110195303j:plain

 

四国最大級の竜串湾大水槽。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110195345j:plain

 

サンゴ礁の間を無数の熱帯魚が泳いでいます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110200822j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110200839j:plain

 

この水槽の主が現れました。

ユラユラと泳ぎ、ごつごつした棘が禍々しい印象を持ちましたこちらの生き物。

日本では珍しい”シノノメサカタザメ”というエイの一種です。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110200849j:plain

 

大水槽にいる魚の一覧。

 

大水槽を抜けると、足摺の海にいる小さな生き物たちの紹介コーナーです。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110200905j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110200912j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110200924j:plain

 

下から魚たちの泳ぐ姿を眺めることができます。

サバやカツオといった回遊魚が泳ぎ回ります。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110200934j:plain

 

エイもにっこり< '_' >

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110200954j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110201007j:plain

 

クラゲとウミウシのコーナー。

ふわふわと水の流れに漂っています。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110204110j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110204116j:plain

 

深海のエリアはちょっとミステリアスな雰囲気。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110204125j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110204132j:plain

 

グソクムシがわらわらしていました。

 

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110204146j:plain

 

館内をぐるりと回りきると、

竜串湾を望むカフェとショップのエリアに着きました。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110204151j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110204200j:plain

 

カワウソ・・・可愛い!

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110204215j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110204233j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110204247j:plain

 

魚のぬいぐるみがなかなかのクオリティで欲しくなるものばかりでした。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201111230658j:plain


シイラは非常にキラキラしていましたね。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110204316j:plain

 

海洋館の前には郵便ポストが設置されているのですが、

なかなか可愛いデザインが施されていました。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110204324j:plain

 

デートで訪れるのなら、

このポストの前でツーショット写真を撮ってもいいかもね。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201110204337j:plain

 

海洋館裏は歩いて楽しめる海岸が広がっています。

瀬戸内とはまったく様子の違う太平洋の海は荒々しくて、見ているだけでワクワクする海でした。

 

以上、高知県土佐清水市にリニューアルオープンした足摺海洋館の紹介でした。

 

 

なお、べらおが出発した松山ICからの車での所要時間は190分となっていましたが、

実際には11時半頃に出発して、愛媛最南端の愛南町で少し休憩ののち海洋館に到着したのは16時20分頃でした。

 

閉館時間は17時なので、ちょっとペース早めに館内を回ったのが惜しかったかなー。

というか、滞在時間30分少々のために片道5時間かけたのか・・・(笑)

 

皆は家を出る時間には十分に余裕をもって、足摺海洋館に行ってくれ!!

 

高知県立足摺海洋館

https://www.kaiyoukan.jp/index.html

開館時間 9時~17時

入場料 大人:1,200円 子ども:600円