たまべら!~たまにはベラ以外も釣りたい~

一匹いっぴきを釣る楽しみを噛みしめ、今日も瀬戸内釣行

【最強の旨味四重奏】イカメタルゲームで釣ったケンサキイカをイカスミとキモとバターで炒めた料理がクッソ旨かった件

f:id:berao-setouchi-fishing:20200824013408j:plain

 

前回、イカメタル釣行で巨大なケンサキイカが釣れ、ほくほく気分で帰宅したべらお。

 

イカがテカテカして美しいのなんの・・・

 

www.berao-setouchi-fishing.com

 

台所で釣果を改めて眺めてみる。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200828223228j:plain

 

うほっ いいイカ くコ:彡

 

茶色くなっているのは沖漬けにした分で、醤油、めんつゆ、みりん、砂糖、鷹の爪をオリジナルブレンドしたジップロックに、イカを生きたまま漬け込むことで仕上がる。

 

夜12時に漬けはじめ、朝5時に取り出した段階でこの色加減。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200828223243j:plain

 

ボールに移してさらに1日漬け込めば、しっかり味の染みた沖漬けの完成。

 

生食良し、炒め物良し、イカ飯のような炊き込みにしても良し。

 

活きのあるイカじゃないと出来ない釣り人の特権食材です。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200828223252j:plain

 

胴の長さが30cmを超えるイカは刺身用と炒め物用、そして干物にもチャレンジしてみます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200828223303j:plain

 

手のひらに収まりきらない・・・

 

食べ応えのある大きくて綺麗な身をしています。

 

胴を開いて丁寧にイカスミキモを取り出し、胴とエンペラそして足を切り分けていきます。

f:id:berao-setouchi-fishing:20200828223319j:plain

 

たっぷり5杯分のイカスミとキモをより分け、ほかの部位とまとめてフライパンへ投入します。

 

オリーブオイルとバターをあらかじめ入れて熱したフライパンにジュワ~っと。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200828223332j:plain

 

甘さとイカの炒められた良い香りが湧き上がります。

 

この香りだけで白ワイン3杯飲める。

 

余計な味付けはせず、このままイカに火が通れば完成。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200828223344j:plain

 

イカスミの旨味とキモのコクと身の甘みをバターが包み込み、お酒はすすむご飯はもりもり食べるパンにも合うパスタにも使える最強の万能おかずが爆誕。

 

 

予想以上の旨さに自分が一番ビックリしている。

 

ほかに、たけのこと一緒に煮もの。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200828223358j:plain

 

定番のイカ刺し。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200828223409j:plain

 

そして、

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200828223421j:plain

 

イカの干物。

 

天気のいい日に1日干しておくだけ。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200828223433j:plain

 

ラミネートみたいな白色透明な板ができました。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200828223443j:plain

 

じりじり炙って七味マヨネーズと一緒に食べるのが絶品。

 

 

以上、ケンサキイカの料理でした。