たまべら!~たまにはベラ以外も釣りたい~

一匹いっぴきを釣る楽しみを噛みしめ、今日も瀬戸内釣行

出るかパラソル級! 夜焚きのイカメタルゲームで狙うケンサキイカ。アブ MAX DLC と シマノ ライトゲームCI4+ コンビ

f:id:berao-setouchi-fishing:20200824012931j:plain

 

今季2回目のイカメタルゲームにしてシーズン・ラスト釣行。

 

2日前の釣果では一人100杯という好活性具合だったために、

胸を大きく高鳴らし、勇み足で遊漁船に乗り込むべらお。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200824012956j:plain

 

ザパン ザパン

 

勢いよく波しぶきをあげて沖へ進む。

 

港から40分以上沖合のポイントが今回の釣り場。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200824013031j:plain

 

昼前まで雨が降っていたようで、まだ少し雲のかかっている天候。

 

直射日光にさらされることなく、波も穏やか、風も微風というコンディション。

 

「これはいけるぞーー!」と意気込む同船者のオジサンたちと一緒に、いそいそとセッティング開始。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200824013136j:plain

 

今回の相棒

 

リール シマノ ライトゲームCI4+ TYPE55 M210 

リール アブガルシア MAX DLC

 

仕掛けはダイワのオバマリグSSを使い、下のオモリスッテにはシマノの「ノリノリスッテ20号」、浮きスッテにはデュエルの「EZ-スリム 95mm」

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200824235107j:plain

 

大型のケンサキイカ狙いで、スッテも大き目シルエット重視。

 

前回の初釣行回はコチラ。

www.berao-setouchi-fishing.com

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200824013153j:plain

 

日が落ちるまでの間、深場を狙い続けるも釣れたのは同船者7人中1人の1杯だけ、というかなり厳しい状況。

 

この時点でアタリがほとんどないなら、100杯狙いは無理かなー。という落胆の声が周りからあがる。

 

3桁なんてそうはうまくいかないよなー。

 

 

夜になり、遊漁船のライトが海を照らし、浅場にイカが浮いて来るのを待つ。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200824013204j:plain

 

クラゲがふわふわ流れているのを眺めながら、誘い続けることしばし。

 

たまにサバがスッテに食らいついてくることもあったり、

 

シイラの群れが絨毯のように海面を覆い尽くしたり

 

そうこうしていると、

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200824013218j:plain

 

デカイの釣れた!!

 

デカすぎてバケツに入れても胴が曲がっている(笑)

 

これには乗船者全員のテンションが一気に爆上がり。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200824013239j:plain

 

2杯続けて釣れたところで今回のヒットパターンを掴み、間隔は空けど、ぽんぽんとあげていく。

 

水深30mから15mのあいだで釣れるが、大き目サイズを狙うなら30m沈めて誘うしかない状況。

 

集魚灯を焚いても深場に居続けるのは何故?

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200824013250j:plain

 

三日月が遥か遠くに見える・・・

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200824013309j:plain

 

イカは釣れるけれど、ペースがなかなか上がらない・・・

 

やっぱりこの調子では100杯は無理かなぁ、という低い活性度。

 

周りも苦戦している模様。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200824013321j:plain

 

めげずに誘いを続ける。

 

20号という重めのスッテを使い、大きくしゃくりあげた後はスローにテンションフォールをかけ、ロッドの穂先を少し下げたところでステイ。

 

イカが抱きつく間を少し作ると、グイーーーっと引き込むアタリがある。

 

というパターンで少しずつ釣果を伸ばしていく。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200824013333j:plain

 

 触碗の切れた状態であがってきた。

 

・・・

 

いやぁ・・・分かっちゃったんすけど、これ、表層を泳いでいるシイラが完全に喰ってますわ。

 

捕食されてます。

 

もしかしてと思ったけど、これで確信。

 

イカがいつまでも深場にいるのは、シイラを恐れているから。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200824013344j:plain

 

それでもなんとか釣り上げたイカさんたち。

 

これは釣果が伸びないわけだ。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200824013353j:plain

 

深夜12時。粘りに粘るもあえなくタイムアップ。

 

賑やかに海面を泳ぎ回るシイラの群れを悔しそうに眺めつつ納竿。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200824013408j:plain

 

つやっつやのケンサキイカ17杯

 

ハイ・シーズンのイカメタルとしては消化不良の釣果だけど、ボリュームのあるサイズばかりでなんとか救われた思いでした。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200824013430j:plain

 

しばらくは出番の来ないと思われるMAX DLCはしっかりメンテナンスしてお片付け。

 

来年の活躍に期待。

 

 

さて、気になるケンサキイカの最大同寸は・・・

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200824013505j:plain

 

胴の長さで37cmでした。

 

ずっしりと重みのある引きが最高に燃えたイカメタルゲームとなりました。

 

 

 

>>>次回、ケンサキイカの一夜干しチャレンジ!!