たまべら!~たまにはベラ以外も釣りたい~

一匹いっぴきを釣る楽しみを噛みしめ、今日も瀬戸内釣行

【台湾旅行】2日目(中編) 本場の台湾スイーツを食べてみた結果 → 絶品甘味の恋に落ちたぁぁぁぁぁ!【鼎泰豐(ディンタイフォン)&思慕昔】

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191125224616j:plain

 

 

台湾旅行 2日目

 

 

朝から動きっぱなしの2日目の昼食は、

 

台湾の大人気店、ディンタイフォンに到着するも店内食事が

 

220分待ち

 

という恐ろしい状況になっていました(笑)

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191126212704j:plain

さすがにこの行列は待てない(*_*)

 

 

ディンタイフォンは1958年に食用油を扱う問屋として始まり、

 

1972年から点心料理を販売していきました。

 

 

1993年にはニューヨークタイムズ紙の「世界の人気レストラン10店」の一つに選ばれたことから一躍世界中に名が知れ渡り、

 

今や日本、アメリカ、オーストラリア、イギリス、タイなど世界各地に出店しています。

 

 

ということでテイクアウトで小籠包、肉まん、炒飯をオーダー。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191126212928j:plain

 

 

テイクアウトの袋はかなりしっかりした紙袋でした。

 

 

大きなの字がトレードマーク。

 

 

さてさて、どこでランチタイムといこうかな。。。

 

 

 

 

幸い朝から降っていた雨が止み、お店近くの公園で食べることができました。

 

 

天気に謝々!

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191126213628j:plain

 

 

食事ポジションを決めたら待望の開封です。

 

 

箱には商品のシールが貼ってあるので迷うことはないです。

 

 

 

もはぁぁぁ~~ん

 

 

湯気が立ちこめます。

 

 

 

ディンタイフォン自慢の小籠包は、刻み生姜と酢と一緒に食べます。

 

テイクアウトで熱がちょうど良く冷め、やけどせず一口で頬張れます(笑)

 

 

お肉がジューシー!!

 

 

 

 

続いて肉ま~ん

 

 

この豊満ボディーがたまらんなぁ、、、

 

 

 

 

大きな肉まんはフワフワ生地の甘味とお肉の旨味のダブルパンチ(*´ω`*)

 

 

 

 

 

炒飯は黄金色に輝くパラパラご飯とプリプリの海老が魅力的。

 

とてもきれい。

 

優しい中華出汁の効いた味です。

 

個人的にはちょっと塩コショウが欲しいかも(笑)

 

 

機会あれば店内飲食でしっかり食べてみたい、ティンタイフォンのご飯でした。

 

 

昼食後はすぐにデザートのお店に移動。

 

 

まだまだ胃袋に入ります(笑)

 

 

 

 

お昼ご飯を食べた公園のすぐ近くにある、

 

思慕昔(スムージー)というかき氷のお店へ向かいます。

 

 

お待ちかねの台湾スイーツです。 

 

 

台湾旅行で欠かせない楽しみの一つ。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191127004548j:plain

 

 

この看板がね、、、

 

 

もう期待値上がりまくりなわけですよ。

 

 

このお店の本店にはお客さんが凄く並んでいたので、

 

あまり人目につかない2号店に行きました。

 

 

テラス席メインの本店と、店内席もしっかりある2号店、という印象でした。

 

 

 

 

入店すると、店員さんにメニュー表を指差しながら

 

ニーハオ!ディスワン、プリーズ!

 

と注文。

 

こんなんで何とかなるものです(笑)

 

メニュー表には日本語も併記されていています。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191127004800j:plain

 

支払いを済ませると、この番号で呼ぶ、みたいなことを言われました。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191127004903j:plain

 

番号は電光板で表示されます。

 

 

そして現れたブツにびっくり

 

 

 

 

わおぉぉぉぉぉっ\(◎o◎)/

 

 

 

 

特大!マンゴーいっぱいぃぃぃぃぃ!

 

 

ふわふわに削られた練乳氷?と

 

マンゴーアイスにカットされたマンゴーが器にタワーを作り、

 

そしてマンゴーソースがたっぷりと、、、

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191127223355j:plain

 

 

これが美味くないわけがない(確信)。

 

 

マンゴープリンも付いていましたよ!!?

 

 

台湾の甘味炸裂

 

 

見た目通りかなりの量ありましたが、夫婦二人でペロリと平らげました(*´ω`*)

 

もう、メロメロですわ。次の台湾スイーツ、恐ろしい子!!

 

 

 

 

さて、おやつの後はお散歩です。

 

 

林本源園庭という歴史ある名所が次の目的地です。

 

 

台湾が誇る貿易商にして大富豪が残した壮大な庭園と建築物を見物しに行きます。

 

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191127223623j:plain

 

 

 

また雨が降り始めました。

 

台北では各々のお店の軒先に連なった天井があり、

 

傘を差さなくても歩ける通りがとても多いため、

 

雨の日でもそこまで移動が億劫ではないのが嬉しいポイント。

 

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191127223716j:plain

 

道中ではお寺のような建物を見かけました。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191127224518j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191127224553j:plain

 

煩雑な街路が情緒豊かに見えます。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191127224708j:plain

 

レンタサイクルがたくさんありました。

 

観光地の簡単な移動では有難いですね。

 

 

 

道中の古い町並みにも興味深々です。

 

 

路地を抜けると、、、

 

 

林本源園庭に到着しました。

 

 

1800年代台湾の庭園の造形と建造物が良好な状態で保存されている観光名所です。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191127225603j:plain

 

 

台湾5大豪族の一つ、板橋林家によって建てられた庭園と邸宅。

 

広さはなんと、5万7千平方メートルに及ぶそうです(イメージ湧かない)。

 

台湾政府による国定古蹟に定められ、政府の管理する庭園と、今なお続く板橋林家ファミリー管理の邸宅に分けれらています。

 

 

日本語が流暢なガイドさんによる案内を受けたのち、庭園内の散策をします。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191127233437j:plain

写真左が庭園、右が邸宅。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191127233702j:plain

 

ぽつりぽつりと降る雨がまた良い雰囲気を出してくれます。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191127233911j:plain

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191127234304j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191127234106j:plain

 

古く貿易で栄えた大富豪・林氏が所有する宅地が今も大事に残され、その一部は現在も林氏の子孫が住んでいます。

 

訪れたときは、結婚するカップルがタキシードとチャイナドレスを来て写真を撮っている場面を目撃しました。

 

そのくらい台湾人にとっても風情と格式のある大切な場所のようです。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20191127234149j:plain

 

 

 

 

庭園はとても広く迷路のように入り込み、歴史ある造形を細かく見ていると日が暮れてしまいます(笑)

 

 

次の観光ポイントへ移ります!!

 

 

 

>>>次回の記事

まだまだ続く観光地巡り。次は台湾最大の夜市!

www.berao-setouchi-fishing.com

 

 

 

<<<前回の記事

www.berao-setouchi-fishing.com