たまべら!~たまにはベラ以外も釣りたい~

一匹いっぴきを釣る楽しみを噛みしめ、今日も瀬戸内釣行

ベイト磯竿に活路はあるのか? ファーストインプレッション。ボーダレスB320M-T & レボエリート8

ネタ的に気になってはいたもののホントに買うとは思わなかったし、けれど買っちまったものはしょーがないぜーーー!!!

 

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210905154914j:plain

 

 

ボーダレス!!!

 

 

 

の!!!

 

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210905154925j:plain

 

 

ベイトモデルるるぶるぅぅぅぁぁ!!!

 

 

 

スピニングモデルの495は所持してるんですが 、まさかベイトタイプのボーダレスがあると知ったときの衝撃と、磯竿でベイトモデルって使えるん?という疑問が合わさって使ってみたい欲がふつふつとわいて2年くらい・・・

 

 

希少というか買う人が少なすぎて中古市場に出回りにくいのが難点な珍ロッド。というかコレを買った人は何がしたくて買うん?

 

 

あ、ボーダレスだから何用というのもないし、狙えるものは何でも狙ってみるかー!!

 

 

というテンションのままファーストインプレッションをお送りします。

 

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210905154938j:plain

 

 

このロッド、ガイド合わせのライン(目安)がしっかり随所に印字されているので、すべてのガイドが簡単にきちんと真っ直ぐ揃います。これはありがたい。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210905154943j:plain

 

 

テレスコタイプのロッドで面倒くさいのがガイド合わせ。

 

 

これが簡単にできるとストレス軽減になるので、ガイド合わせの目印をできればすべての磯竿に導入してもらいたい。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210905154957j:plain

 

今回の相棒

ロッド シマノ ボーダレスB320M-T

リール アブガルシア レボエリート8

 

 

ガイドが小さいのでノット抜けが気になるところ。

PEラインではなく、今回はデュエルのカーボナイロン3号を巻いたリールをチョイス。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210905155003j:plain

 

 

バイブレーション系ルアー21gからスタート。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210905155022j:plain

 

 

ルアーを垂らした状態での竿先の曲がり具合からすると7:3調子ほど。キャスティングしやすいかも。

 

 

思っていたほどダルンダルンなティップではなく、シャキッとした印象。

 

 

とはいえキャスティングはフワっと大振りに。全体的に柔らかいロッドなので、しなりの戻りがゆっくりしている。

 

 

このもどり具合に合わせてルアーをリリース。

 

 

ルアーが飛んでいくとともにティップがぽよ~んと反動で震えるが、さすがハイパワーX。ティップの収束が早い。

 

 

気持ち良く飛んでいったルアーを回収。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210905155035j:plain

 

 

ロッドの柔らかさがバイブレーションルアーの振動を吸収して、ほとんど震えを感じなかった。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210905155101j:plain

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210905155111j:plain

 

 

次はナッゾジグ16g

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210905155116j:plain

 

 

予想はしてたけど、やはりジグをキビキビとしゃくり上げるのは苦手。

 

 

どうしてもゆったりとした動きしか出来ないので、ふわっと上げる操作になってしまう。ダートアクションなんかも苦手。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210905155126j:plain

 

 

続いてワーム。

バレットシンカーにオフセットフックをつけます。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210905155131j:plain

 

 

シンカーは14g

 

釣具のポイントのPB商品で安かった。

 

グラム表記がシンカーに記載されてないので、油性マジックで直書きしないと分からなくなるのが惜しい。

f:id:berao-setouchi-fishing:20210905155137j:plain

 

 

障害物周辺に打ち込んでいくと、ビックリするほどピン打ちが簡単に決まるので、自分のキャスティング技術が上手くなったと勘違いしてしまいそうになる。

 

 

しなやかにロッドが曲がるのでタメが作りやすく、狙い打ちするのに良い影響が出ているのかもしれません。

 

 

柱スレスレにワームを落としていけるのがスゲー気持ち良い。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210905155143j:plain

 

 

今回は短時間にルアーの操作感を確かめてみました。

 

 

ルアーアクションのつけ方にはやや難を感じたのが率直な印象。

 

 

ジグヘッドやブラクリ、ブラーなどにエサをつけて誘うリアルワームメソッドやマイクロテンヤとの相性が良いのではないかなと思うので、次回試すときはその方向でいってみようかな。

 

 

ご覧頂きましてありがとうございました。