たまべら!~たまにはベラ以外も釣りたい~

一匹いっぴきを釣る楽しみを噛みしめ、今日も瀬戸内釣行

フィッシングシューズが壊れた ⇒ ”BOA”のダイヤルがついたヤツなら無料で修理できることが判明!

f:id:berao-setouchi-fishing:20210528021051j:plain

 

 

シマノのドライシールド・デッキラジアルフィットシューズというのを持っているんですけど、ちょっと困ったことになってしまいました。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210528021100j:plain

 

 

靴ひもを結ぶ必要が無くて、代わりに側面に付いたダイヤルを回したり緩めたりすることで簡単スピーディにフィットさせることができる、革新的なシステムを装備したシューズですが・・・

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210528021054j:plain

 

 

このダイヤルが中途半端に緩まなくなってしまい、シューズの開口部が狭いので脱ぐにも履くにも一苦労!! という困った事態に。

 

 

すっごいストレスなので履くこと自体が億劫になってしまいました。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210528024052j:plain

(出典:シマノ)

 

 

シマノの商品ページでは、BOAフィットシステムという名称で紹介されています。

 

fishing.shimano.co.jp

 

 

ものは試しでこのBOAというものを調べてみたところ、専門の部品メーカーが供給していることが分かりました。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210529021153j:plain

 

 

しかも、壊れたダイヤルパーツの交換キットを送ってくれることが分かりました。

 

 

 

無料で。

 

 

 

マジ??

 

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210529012345j:plain

 

www.boafit.com

 

このページにアクセスして、簡単な質問に答えるのと実際の壊れたシューズの写真を送信すれば、適合するダイヤルパーツを送ってくれます。

 

 

 

待つこと数日。香港から国際便で交換キットが届きました。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210528021107j:plain

 

 

嬉しいことに、左右両方の交換キットを送ってくれました。壊れているのは右側なので、左側パーツは大事にとっておきましょう。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210528021112j:plain

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210528021117j:plain

 

 

国際メーカーだけあって、説明書はイラストがメイン。文字ではなく図解で説明されています。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210528021121j:plain

 

 

分かりやすい印象です。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210528021127j:plain

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210528021131j:plain

 

 

付属の金具を使うと、簡単にダイヤルを外すことができます。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210528021135j:plain

 

 

シューズについているラインは頑丈なワイヤーなので、切断するにはペンチを使ったほうが楽でした。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210528021139j:plain

 

 

説明書に従って、交換キットの新しいワイヤーを通していきます。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20210528021143j:plain

 

 

ものの5分で交換完了。これでまた快適に履いたり脱いだりできます。

 

 

 

BOAという文字の入ったダイヤルがついたシューズをお持ちの方は、ダイヤルが壊れても無料で直せますのでお試しください。