たまべら!~たまにはベラ以外も釣りたい~

一匹いっぴきを釣る楽しみを噛みしめ、今日も瀬戸内釣行

佐田岬でナイトアジングゲーム。天然素材ワームで簡単にアジ爆釣! ショアジギングでベイトタックルを使うとどれくらい飛ぶ?

f:id:berao-setouchi-fishing:20201101190625j:plain

 

夜のアジングに出掛けました。

気温は12℃くらいとかなり冷え込んできたので、まだ秋とはいえダウンジャケットを着こんで真冬と変わらない格好をしないと、快適な釣行はできません。

風の吹き込みが無いのが良かったです。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201101190633j:plain

 

今回の釣行場は、愛媛県南予、佐田岬です。

夜の間はアジングをして、朝マズメはショアジギングに挑みます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201101190746j:plain

 

今回の相棒

ロッド ブリーデン グラマーロックフィッシュ トレバリズムキャビン704CS

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201101190750j:plain

 

リール シマノ 19ヴァンキッシュ C2000SSS

 

ジグヘッドにワーム(ダイワの月下美人シリーズ)をつけてキャスティングしますが、一切アタリなし。

 

それもそのはずで、両サイドではカゴ釣り師がいっぱいアミエビをカゴに詰めてアジを寄せていますので、疑似餌には目もくれません。

カゴ釣りでは2,3匹同時にアジを釣り上げるなど、好調な様子です。

 

このままでは分が悪すぎなので、こちらもワームをチェンジして攻めていきます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201101190703j:plain

 

天然素材ワーム(青虫)を使います。

アジってけっこう虫エサへの反応が良いんですよね。

ジグヘッドにチョンと刺して、リフト&フォールで誘いをかけると簡単にアタリが出ます。

さっきまでの人工ワームでは全く反応が無かったのに、虫エサに切り替えると面白いように魚が口を使ってくれます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201101190718j:plain

 

20cmくらいのアジがポコポコ釣れます。

カゴ釣りほどの効率性はありませんが、ライトタックル+単針で一匹ずつ釣っていくのはとても楽しいですね。

なかなかフッキングせずヤキモキしたり、海面から引き上げる際に外れてポロリと落としたりなど、なかなか数を伸ばしていくことは難しいですが、活性が高く次々とアタリがきます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201101190728j:plain

 

ジグヘッドを根掛かりでロストしたので、バラ針にチェンジ。

カン付きの針だとスナップに取り付けるのも楽だし経済的です。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201101190731j:plain

 

虫エサをセット。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201101190737j:plain

 

アジがよく釣れますが、同じくらいネンブツダイもヒットします。

仕掛けを動かしているとアジが釣れ、止めたままだとネンブツダイが釣れる感じ。

 

ネンブツダイが大量に釣れるなら、唐揚げにして食べてみたいですね。

f:id:berao-setouchi-fishing:20201101190819j:plain

 

堤防の上で少し仮眠をとって迎えた朝。

陽が出るとアジは釣れなくなりました。

 

ここからはタックルを持ち替えて、ショアジギングで青物の回遊を待ちます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201101190836j:plain

 

ショアジギングの相棒

ロッド ツララ モンストロ710モバイル

琵琶湖のモンスター級ブラックバスをターゲットにしたベイトロッドで青物を狙います。

ルアーウェイトが11g~200gというヘンタイ仕様で、使い道にいろいろと妄想を掻き立てられます。今回はショアジギングということで。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201101190841j:plain

 

リール 16メタニウムMGL XG

PEライン1.2号を150m巻いています。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201101190830j:plain

 

使ったのはオーナーの投技ジグ。ブレードチューンしています。 

 

メタニウムのブレーキ設定は、4つある内部のブレーキシューのうち2つオフ、外部ブレーキは最弱の1にしてみましたが、この状態で40gのメタルジグでキャスティングすると、だいたい88回転で手元に戻ってきました。

 

16メタニウムのXGは1回転の巻取量91cmなので、88回転だと80m程度というところでしょうか。

7フィート10インチというベイトロッドの長さでこれくらい飛ぶのならショアジギングに十分使えると思います。

まだブレーキ設定にも余裕を感じられ、糸が浮き上がる感じもないので、慣れてきたら内部のブレーキシュー3つオフとかでキャスティングして飛距離伸ばしていきたいですね。

 

あ、ショアジギングでの釣果ですが、

残念ながら青物は現れなかったです(笑)

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201101190907j:plain

 

ふたたびライトゲームに戻って追加したカワハギちゃん。

キモぱんぱんでお腹がよく張ってます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201101190914j:plain

 

そしてベラ氏。

やっぱこれを釣らないと落ち着かない(笑)

 

という感じでライトゲームを楽しみつつ納竿。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201101190929j:plain

 

使った道具は潮で汚れているから、ほかの未使用のルアーたちまで錆びさせないようにひとまとめにルアーケースへ入れます。

 

 

今回の釣果

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201101191027j:plain

 

ボウルに収まりきらないほどのアジ!

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201101191036j:plain

 

20cm以上のものばかりで、手ごたえをしっかり感じました。

このサイズをこれだけ釣ったのは久しぶりかも。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20201101191106j:plain

 

目がキラキラ輝いてる!

何して食べようかな・・・

 

 

>>>次回、魚を捌くとき、骨を取るのって面倒じゃない?→骨ごと食べてみた