たまべら!~たまにはベラ以外も釣りたい~

一匹いっぴきを釣る楽しみを噛みしめ、今日も瀬戸内釣行

【16メタニウムMGLとジリオンSV TW】シマノとダイワの人気バーサタイル・ベイトリールをスペックで比較してみた【インプレ / レビュー】

最近ハマってます。

 

ソルトウォーターのベイトタックル釣行。

 

 

今回は釣り業界大手2社の人気リールの話。

 

いろいろ調べていると、まずこれを持っていれば間違いない、みたいな触れ込みで紹介されていることの多い2機種がこちら。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919212616j:plain

 

(⇐)ダイワ ジリオンSV TW  (⇒)シマノ 16メタニウムMGL

 

どちらもパワーゲーム、フィネスゲームを問わず扱え、淡水も海水もOK

盛り込まれた機能・耐久性や快適性と、価格のバランスに定評があり、

ベイトリールについて調べていたら必ず目につく機種と言えます。

 

メーカー希望価格は、

ジリオンが38,900円

メタニムが44,100円

と近い価格帯にあり、どちらもバーサタイルリールの主力モデルとして、軽量リグから重たいルアーまで、しっかり投げることのできることが魅力の一つとなっています。

 

そんな両者をスペックで順を追って整理したい(主に自分の復習をかねて)と思いますので、これらのリールに興味持たれている方のご参考になれば幸いです。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919212640j:plain

 

ダイワ ジリオン SV TW 1016SV-XXHL

 

  •  ギア比 9.1
  • 糸巻き長 97cm

ソルトウォーターで使うなら早巻き可能なエクストラハイギア一択です、個人的には。

 

  • 自重 200g
  • 最大ドラグ 5kg
  • ハンドル長 90mm
  • ベアリング(ボール/ローラー) 8/1
  •  価格 38,900円

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919212655j:plain

 

糸巻き量はナイロン14lbで最大90m

 

 

次は、

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919212647j:plain

 

シマノ 16メタニウムMGL XG 

 

  •  ギア比 8.5
  • 糸巻き長 91cm

ジリオンSV TWよりも6cmだけ糸巻き長が短いですが、それでも十分に巻取り速度は速いです。

 

  • 自重 175g
  • 最大ドラグ 5kg
  • ハンドル長 48mm
  • ベアリング(ボール/ローラー) 10/1
  •  価格 44,100円

 

ベアリングの数と自重の軽さがジリオンSV TWとの比較で目立つところでしょうか。

(自重が軽ければ良いとは思わないけれど)

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919212701j:plain

 

糸巻き量はジリオンSV TWと同じくナイロン14lbで90m

 

 

ブレーキユニットはダイワとシマノで全く違うものになります。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919212802j:plain

 

シマノは遠心力のブレーキシステム。

 

ダイワは磁力を使ったマグネット式のブレーキシステム。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919212810j:plain

 

どちらも汎用性に優れた34mm径のスプールです。

 

16メタニウムに装着されているスプールは、肉抜きにより軽量化が施されたマグナムライトスプールです。内部ブレーキ4つと、外部ブレーキ6段階による調整幅が広く、ルアーの重さや個人のキャストテクニックにより細かくセッティングができます。

 

ジリオンSV TWのSV(ステレスフリー バーサタイル)スプールは、ダイワのベイトリールの中でもルアーの対応範囲が広く、4g程度のものから重量級まで、外部ダイヤルで簡単に調整できるものです。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919212819j:plain

 

ベアリング込みでSVスプールは12g

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919212824j:plain

 

マグナムライトスプールは14g

 

シャフトの長さが全然違うのがよく分かります。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919212848j:plain

 

ジリオンSV TWの外観。宇宙船みたいなフォルムが格好いい。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919212857j:plain

 

ブレーキユニットは2つの円形の磁石によって構成されています。

 

マグブレーキのほかにエアブレーキシステムが搭載されていて、スプールに強い回転のかかるフルキャスト時にはローターがとび出してきちっとブレーキをかけます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919212907j:plain

 

アルミタイプの中でも強度のある超々ジュラルミンよりも、さらに1.3倍の強度があるG1ジュラルミンで作られたスプールです。強さがあるのは嬉しい。

スプールの半ばにハーフラインの溝があり、よりフィネス性能を高めたいときにはこのハーフラインまでの糸巻きにすることで慣性を抑え、軽量リグへの対応力をさらに高めます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919212930j:plain

 

マグブレーキは0~20

 

20の状態だと回転に抵抗がかかっていることがハンドルを回しているだけでもハッキリ感じます。

 

ギア比4タイプノーマル、H、SH、XXHに応じて、

マグダイヤルとメカニカルブレーキダイヤルとハンドル軸装飾の色がグレー、イエロー、レッド、グリーンとあるですが、

べらお所有のジリオンSV TWはパーツを替えており、ギア比XXHでもグリーンではありません。そのほうがいろんなロッドに違和感なく合わせられるから。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919213019j:plain

 

金色のレベルワインドがT-ウィングシステムと呼ばれ、リトリーブ時にはT型でラインを回収し、キャスト時やフォール時など、クラッチをきったときには半回転して、

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919213029j:plain

 

大きくワイドな形状になることでラインが触れる抵抗を減らし、キャスト性能を上げています。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919213045j:plain

 

ドラグはアルティメットトーナメントドラグで、滑らかな効きをしてくれます。

ドラグサウンドもあればなお嬉しかったなぁというところ。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919213241j:plain

 

16メタニウムの外観。こんな目立つところに名前が貼ってあるのが嫌、という人もいれば、これが良いという意見も。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919213149j:plain

 

ギア比については正面を見れば分かるようになっています。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919213208j:plain

 

ブレーキユニットはこのようになっています。

 

上に見える白いブレーキシューというパーツを基本的に4つともONの状態にして、ルアーの重さに合わせた調整は外部ブレーキで行います。より細かな調整が必要なときに、シューのON/OFFを切り替えます。

 

この機構をSVSインフィニティと呼んでいます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919213216j:plain

 

マグナムライトスプールのメカメカしい感じは結構好き。

 

中央にテーパーの傾斜がかかっていて、この中央に沿ってラインを結ぶ感じですね。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919213158j:plain

 

遠心力ブレーキの外部ダイヤルはリール下部にあります。

 

1~6までの数字があります。

カチッカチッとクリックするタイプではなく、じわーっと動く無段階式なので微調整も可能です。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919213233j:plain

 

ベアリングの違いからくるものなのか、ハンドルを回したときの滑らかな回転具合はジリオンSV TWよりも16メタニウムのほうが気持ちいいです。値段も5,000円違うし。

 

でもT-ウィングシステムみたいな機能で目を引くジリオンSV TWの面白さも魅力的。

 

 

さて、この両者に巻くラインですが、べらおの場合はベイトリールにPEラインを巻いていますので、この2つにもPEラインを巻きます。ちょっと気になっていた、こちらのライン。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919213255j:plain

 

タックルベリーのPEライン。

 

150m巻きでまさかの800円台(笑)。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919213304j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919213312j:plain

 

両方に同じラインを巻いて、リールの使い勝手を今後は比べてみたいと思います。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919213319j:plain

 

ラインはハリのあるタイプです。よれっとしていない。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919213326j:plain

 

両者とも150mきちっと巻きました。余り無し。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919213332j:plain

 

ジリオンSV TWはこれくらい糸巻き量に収まりました。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919213338j:plain

 

16メタニウムはこれくらいに収まりました。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919213343j:plain

f:id:berao-setouchi-fishing:20200919213348j:plain

 

手の収まり具合は、ジリオンSV TWのほうがすっぽり持てます。

 

 

>>>

次回、海に出てキャスティングしてみた回です。

 

 

www.berao-setouchi-fishing.com