たまべら!~たまにはベラ以外も釣りたい~

一匹いっぴきを釣る楽しみを噛みしめ、今日も瀬戸内釣行

【6/30発売】アブガルシア初の船用デジタルカウンター付きベイトリール MAX DLC を動画と写真で簡易インプレ

前回記事で紹介した注目のベイトリール MAX DLC がついに2020年6月30日に販売開始となりました。

 

ノーマルギアとパワーハンドルタイプが先行販売され、7月下旬にハイギアが販売予定のようです。 

 

www.berao-setouchi-fishing.com

 

カウンターなどの作動している様子をどうぞ。

映像でも分かるように、数字表示が大きくて見やすいので好印象。

 

軽量・コンパクトで、船上で長時間手持ちするのも苦ではない印象です。

 


アブガルシアのデジタルカウンター付きベイトリール「MAX DLC」を動かしてみた

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200705151149j:plain

 

シルバーを基調としたリールです。

アブってリールもロッドもブラックのイメージなので見慣れない。

 

けど悪い印象でもない。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200705151212j:plain

 

箱側面に記載されているスペック表。

 

ライト五目やイカメタル、タイラバに向いたスペックです。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200705151223j:plain

 

内容品はリール袋、糸通りピン、説明書。

デジタルカウンターには糸巻き設定が必要なので、説明書はよく目を通しておく必要があります。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200705151236j:plain

 

このリールの特徴の一つ、デカ文字についてPOPシールが貼られていました。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200705151307j:plain

 

メカニカルブレーキ側。

ドラグクリッカーという機能があり、糸が引き出されると「カクククク・・・」と音が鳴って知らせてくれます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200705151318j:plain

 

ハンドルノブ側。

小ぶりで握りやすいラウンド型EVAノブ。

このあたりの意匠がアブらしい。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200705151333j:plain

 

レベルワインダー側。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200705151248j:plain

 

デジタルカウンターの心臓部、電池の蓋側です。

電池交換をユーザーができるのが大きなメリット。

バックライトをつけた一番電池消耗の激しい釣行で8回ほどはもつそうです。

 

箱出し時は絶縁フィルムが貼らせているため、蓋を開けてフィルムを外します。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200705151353j:plain

 

電池は蓋側についています。

CR2032という型番のコイン電池を使用します。

最初から付属している電池は作動チェック程度しかないとのことなので、糸を巻いてデジタルカウンターの調整が済んだら交換するのが無難です。

電池交換をしても設定がリセットされることはなく、前の設定を保ってくれるそうです。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200705151435j:plain

 

リール本体の裏に糸を止めるクリップがついています。

これ、便利なのであらゆるベイトリールにつけてほしい。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200705151502j:plain

 

説明書によると、10m毎に色が変わるPEラインを推奨とのことでした。

デュエルのスーパーエックスワイヤー1号の300mでスプールエッジにちょうど良く収まりました(8本撚り300m巻きで税込み2840円というコスパが素晴らしい)。

もし下糸を使う場合、その下糸にはPEを使うようにと説明書きされています。

 

 

棚取りが重要な釣りをする人は要チェックなリールです。

気になったら下記商品リンクをクリック!

www.purefishing.jp