たまべら!~たまにはベラ以外も釣りたい~

一匹いっぴきを釣る楽しみを噛みしめ、今日も瀬戸内釣行

【ビフテキ】ボトム系の釣りにおいて最強にして究極 / フリーリグで狙うライトゲームが楽しすぎた件

底をトントントン・・・

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200202j:plain

 

 

わお! 

 

 

 

底をトントントン・・・

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200215j:plain

 

 

 

わお!

 

 

 

底をトントントン・・・

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200251j:plain

 

 

面白いように釣れるんですよ、これ。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200350j:plain

 

 

フックとシンカー

 

使う道具はこの二つだけというシンプルながらも釣果は抜群。

 

 

仕掛け1セットあたり100円程度のため、

 

 

そのリーズナブルさから果敢に底を攻めていける。

 

 

そして釣果を伸ばしやすいことが魅力のフリーリグ

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200439j:plain

 

 

魚のアタリがダイレクトに伝わるのでフッキングもしやすい。

 

 

 低水温時の底狙いでバツグンの活躍を見せてくれるフリーリグの特徴は、

 

・ボトム感知に優れる

・根掛かり回避能力が高い

・シンカーのフォールが早い

・シンカーの着底後、付け餌(ワーム)がスローに落ちていく

 

 

このフリーフォールがバイトを誘い出してくれます。

 

 

竿先でちょんちょんとシンカーを浮き上がらせ、

 

ラインを少し張った状態で食わせの間を作ってやると・・・

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200508j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200207213647j:plain

 

 

あらやだ。

 

ご覧のとおり簡単に魚のバイトを誘発することができるのです。

 

 

そんな魅力的なフリーリグ、通称フリリグの仕掛けをご紹介。

 

 

  

 

どんな風に作るの?

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200517j:plain

 

 

作り方は簡単。

 

まず用意するのはラインが通せるシンカー。

 

フリリグ専用にライン滑りの良いシンカーを用意しましょう。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200523j:plain

 

 

今回使用品の一つ目はコチラ。

 

ジャングルジムの「ビーンズシンカー」。

ビーンズ | ジャングルジム

 

 

何度も底トントンしたのでコーティングが少し剥げてますが、

 

すり抜け能力に長けるティアドロップ型なので

 

生還率(根掛かり回避)が高いタイプです。

 

360円+税で4つ入っています。

 

一つあたり99円。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200535j:plain

 

ラインを通す穴にはパイプが埋まっているため、

 

傷つき防止に役立っています。

 

ラインは根ズレに強く水馴染みが良くて沈みやすいフロロカーボン一択で。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200552j:plain

 

メバルフックをつけるとこんな感じ。

 

フックはささめ針のカン付メバルを使っています。

 

写真は8号サイズ。20本入りで220円+税。

1本あたり12円。

カン付メバル(TCフッ素コート) | 釣り|海釣り仕掛|渓流仕掛|釣り針の(株)ささめ針

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200600j:plain

 

シンカー着底後、

 

フックがゆったりと底を漂うように落ちていきます。

 

これが底を泳ぐ魚を刺激的にバイトに誘い込むようです。

 

 

このシンカーで一つ気になったのは・・・

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200622j:plain

 

仕掛けの回収時、

 

 

フックの先がシンカーのお尻に向いて上がってくる事象があること。

 

 

もともとオフセットフックと合わせて使用するビーフリーテキサスリグ設計だったからでしょうか。

 

メバルフックとの相性はあまり良くないのかも?

 

という感想。

 

それでもしっかり釣果を出せているのでたいしたもの。

 

シンカーの粒が小さいので好みです。

 

 

 

続いて2つ目のフリーリグのシンカーは、

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200736j:plain

 

デコイの「テキダンシンカー」

DECOY DS-9 - 株式会社カツイチ

 

六角フォルムでシルエットはゴツ目。

 

底で転がりにくい。

 

ラインを痛めにくい樹脂製パーツがシンカー上部についているタイプです。

 

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200744j:plain

 

ここにラインを通します。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200751j:plain

 

ラインを通すとこんな感じ。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200824j:plain

 

シンカーとフックに距離があるため、

 

フックの位置が裏返っていてもしっかり隙間が残っています。

 

 

ここでさらに気になるのがフックとラインの結び方。

 

 

簡単に手早く結べるクリンチノットでフックと結束していますが、

 

フックのチモト上に結び目が出来てしまうことが

 

このフリリグでは欠点になってしまいます。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200815j:plain


シンカーのホールパーツと大事な結び目が接触してしまうんですよね。

 

これはあまり良くないなぁ。

 

 

と思ったんで、ほんの少し手間は掛かっても外掛け結びで。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200838j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200844j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200856j:plain

 

うんうん。

 

こうすればシンカーの負荷が結び目にかからないので安心ですね。

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200902j:plain

 

良い感じ!

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200918j:plain

 

f:id:berao-setouchi-fishing:20200211200924j:plain

 

ボトム狙いの釣りはこのフリーリグで釣果報告していきたいと思います。

 

扱いやすいのでぜひお試しください。